ネコブラ

 DRZ400SMとか、ベースとか、アニメーションとか、ゲームとか
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

【SS】10Rに乗り換えました【乗り比べ】

一時的にね、一時的。
まだまだローンがたんまり残っているので、そんなに簡単には乗り換えないし。

昨日は仕事が早く切り上げられたので、サクっとバイクに乗ってきた。
9月も中旬、上下で言ったら下になるのに、相変わらずアホみたいに熱い日が続きますけど、
日差しが強すぎるだけで、日没後は風があれば意外と過ごしやすくなってきましたね。
それはつまりそう、もっともバイクで走りやすい時期になるのです。
「暑くなく」「寒くなく」、これが完璧。

つーことで、Twitterで「バイクに乗りたい」ツイートしたら、
毎度おなじみの10Rの人と予定があったので、メトロポリタン・シティ・ライドしてきました。

まぁそこらへんの詳細はどうでもいいとして、
羽田方面に向かっている途中にふと思い立って、バイクを交換してみました。
そこらへんのレビューを今回はお届けしちゃうぞ。

まず、跨った感じ。
足つき性は10Rの方がいい。座面が10mm低いんだからそれは当たり前ですが、
ニーグリップも10Rの方がはるかにし易い。
タンクが絞ってあって、すぽっと収まる感じ。「このバイク細いな」とすら感じる。
まーニーグリップがしやすいのはそれだけが理由じゃないんですけど。。。

メーター、レバー周り。
個人的にはデジタコメーターはあんまり好みじゃない。
あとこれは個人的な好みで調整しているんだろうけれど、クラッチ近すぎ。
2回くらいエンストした。あれ半クラすげー使いにくそうだけれど、どうなん?

ライディング
たぶん実際はそんなに変わらないと思うけれども、
S1KRRに比べて重心が上にある(ような気がする)ので、
バネ下、フロント周りの動きがクイック。低速時のコーナーリングはし易い。
逆に高速コーナーはS1KRRの方が安定しそう。タイヤの差もあるけれども。
加速性は素人目じゃ差はない。
但し、S1KRRが地を這うように加速していくのに対して、
10Rは軽やかに駈け出していくしていく感じ。陸上選手みたいな。
荒木飛呂彦風に言うと、S1KRRがゴゴゴゴゴゴゴゴゴ(ryで、10Rがバアァァァァンって感じ。
ごめんあんまりうまくなかった。

その他
スタイルは大っ変申し訳ないけれどもS1KRRが圧勝。
頭からケツまで尖ったスタイルが好みなんです。GPマシンみたいで。
10Rの人は熱い熱い言ってましたけど、全然熱くなかった。
っていうかS1KRRが熱すぎる。特に左側のフレーム。
そういう理由で、ニーグリップもし易い。

[総評]
乗りやすさは圧倒的に10Rの方がいい。
ただ万人が乗って最初っから高い次元の走りができるかというと、そうではなさそう。
あくまでもコントローラブルという点で乗りやすい。
(素人なりに)極めればどちらも差はなさそうだけれども、ポンと乗って高い次元で走れるのは、おそらくS1K。

ついでに、羽田方面からの帰り道
本来収まるべきシートに収まって(バイクの場合シートに収まるっていうのが正しい表現かは知らないけれど)、

首都高を安全な速度でランデブー走行してきたときの所感。
これは個人的に10Rの人用。
今回は僕が先導して、かなりオーバーなボディアクションをしながら走ってきました。
カーブのRと速度に合わせて、イン・ウィズ・アウトを使い分けたり、ハングオフしてみたり。
いや、正直一般道でハングオフとか全く必要ないんですよね。wまぁ雰囲気です。雰囲気。
まぁ体の動かし方が参考になればいいかなっていう感じで。
前回後追いで見てて、かなりおっかなびっくりって感じだったので、今回は進入速度も旋回速度も高めで、かつ減速はエンジンブレーキのみを心がけてみました。
結果本人は中々いい感じで走れたようなので良かったのですが、実はミラーでチラチラ見ててそれでもやっぱりカーブで差が開くなぁと。特に京橋あたりのRきつめの連続カーブだとね。
マシン性能はZRX400とは比べものにはならない上に、10Rもコーナーリングマシンらしいのでまだまだ行けますよ。50cmくらいまで近づくくらい突っ込んできていいよ。もっとマシン性能におんぶにだっこしてもらっても全然問題ない領域です。

次は、バイク歴をよこせと言われたので次回書こうと思います。
書いた挙句、その時のテンションが醒めてしまってやっぱいらねとか言われそうで怖いので、なるべく早めに。

じゃあの!
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
今何時??
 
プロフィール
 
最近の記事
 
月別アーカイブ
 
カテゴリー
 
ブロとも申請フォーム
 
Twitter
 
リンク
 
ブログ内検索
 
RSSフィード
Top
Copyright © MΛTT / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。