ネコブラ

 DRZ400SMとか、ベースとか、アニメーションとか、ゲームとか
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

よく調べてから買いましょう

デスクトップでエンコードしてたら部屋が爆熱になってきたんで、MBP持ってリビングに避難してきました。
タバコでも吸いながらのんびり部屋の温度が下がるのを待とうと思います、どうも僕です。

110723001
突然ですが、これを買いました。
これだけ見てぴーんと来た方は「あぁ、ばかなことしてんなぁ」と思うことでしょう。
今回は反面教師編です。

で、何を買ったかっていうとこれ
110723002 110723003
いや、もうホント何やってんだかw

結局QNAPのNASサーバーを買い直しました。w
で、先日買ったRATOCのケースは5kで売ってきました。
買い取り価格は買った価格の1/4ですよ。悲しいね。
でも、まぁしょうがない。勉強したと思いましょう。
今回改めて買ったのはQNAPTS-219P+ってやつです。
個人向けの2ベイNASケースです。これは前回買ったやつと変わりませんね。
では、何が違うかっていうと、ほとんど違います。
多機能すぎてどう使うのか逆に分からないレベル。
マニュアル読もうにも100超でちょっと断念しました。
使いたい機能からだんだん覚えていけばいいですね。
一先ず、MBP用にTime machineを使えるようにすることと、Webサーバー機能が使えれば基本的にはOKです。
このWebサーバー機能って言うのがかなり魅力的なんだけど、
これがあるともうわざわざストレージの容量重視でMBP買った意味があんまり無いんじゃないかって言う...
これからラップトップを買い足す人は、たとえばappleだったらMBAとか、容量少なくても軽いやつにして、
自宅にNAS建てるのが最強なんじゃあないかと思うんで、誰か実行してください。

それでは、早速組み付けをしていきましょう。
基本的には引っこ抜いて挿すだけなんで、難しいことは無いんですが、折角Take a PICしておいたので載せます。
110723004 110723005 110723006
はい完成!(雑)

続いて設置ですが、ちゃんと1kBASE対応のHUBとケーブルを買ってきたので、今度は自分の部屋に置きます。
昨日の今日で買い換えたのが彼女にバレたら怒られるからとか、そんな理由じゃ結してありません。

起動させると、割と元気の良いBeepが聞こえてきますがエラーじゃありません。
頑張っているところです、そっとしておいてあげましょう。
その間にPC側で設定をしてあげる準備をしておきましょう。
2回目のBeepがなったらハード側の準備完了です。

110723007
ソフトを起動させ、該当の機種を選んでって1個しかないので「TS-219P+」をぽっちとなします。
110723008 110723009
そしたら、今度はメニューの中から「QNAP Finder」を選択して、実行します。
なんかもう全然覚えていないけど、これが終わるといよいよ設定編です。
110723010
とはいっても、クイックセットアップでやってくれるので、ここら辺も別に難しいことはありません。
よく分からない方は迷わず「はい」を押しましょう。
110723011
まず、いきなりエクスクラメーションつきで感謝されます。
ほら、なんだか敷居が高くないような気がしてきたでしょう?
110723012
さっきまで日本語で感謝していたくせにいきなり英語になりますが、右上のプルダウンから言語選択出来るので、
なにいってんのか分からない人は日本語にするとイイよ。僕は面倒なんでこのまま英語で行きます。
どうせ専門用語とか日本語でも英語でも分からないんだから、どっちだって一緒でしょ。
で、まずハードドライブをイニシャライズするらしいです。
早速なんのこっちゃよく分からないけど、イニシャライズです。
華麗にOKを押してやりましょう。
110723013 110723014 110723015
イニシャライズが終わったら、今度はファームウェアをインストールしてあげましょう。
同封のCDの中にもファームウェアはありますが、公式をみてみると新しいバージョンがUPされてるので、
そっちを使ってみることにします。新しい方がいいんだろっ!
ローカルに保存したzipファイルを解凍するとイメージファイルがこんにちはしてくるので、
ウィザード側からこれを選択します。
110723016
ここからがいよいよ本番です。多少頭を使います。
なんせSTEP6まであるんだから、本当にクイックかよとか思っちゃいます。
110723017
まずは、NASサーバーに名前をつけて上げましょう。
マサラタウンでオーキド博士に始めてポケモンをもらったサトシ君のような気持ちです。
まぁ、ポケモンやったこと無いからよく知らないんだけどさ。
僕は昔から同じ名前にVersionいくつかってケツにくっつける名前の付け方をしているので、今回はVersion02です。
ちなみにWindowsPCはこないだMBPにわんもあせっ!したのでVersion09になりました。
110723018
続いてパスの設定。
オリジナルがどうのこうの言ってますけど、基本シカトで大丈夫です。
好きなように設定しましょう。
110723019 110723020
次はタイムゾーンとの設定ですが、ここはいつも使ってるサーバーと同期しておけば問題ないです。
手動で合わせている方はPCと同期させておけば問題ないんじゃないでしょうかね。
110723021 110723022
ここが大事な利用するサービスの選択です。
僕は一つを除いて使う予定だけはあるので、ほとんどチェックを入れました。
110723023
画像の編集をミスったのがもろバレですが、僕以外は気にしないと思うのでこのまま続けます。
最後のステップ6では、NASの運用方法を選びます。
この機種ではシングル、RAID1、JBOD、RAID0が選べますが、僕の利用目的は基本的にバックアップよりも
外部記憶としての役割を求めていますので、必然的にJBODかRAID0です。
どちらも2つ以上のHDDを複合で容量を稼ぎ出しますが、じゃあ一体何が違うんだよ!と思ったので、ググってみました。
まず転送スピードですが、これはRAID0の方が速いらしいです。
どういう理論で速いかっていうのは忘れたので気になる方はググりやがってください。
と、いうわけで僕は今回RAID0にしました。
ちなみに容量の異なるHDDを合わせて使う場合はJBODにしておいた方が、精神衛生上イイと思います。
特にHDDの容量がこんなに大きくなってきたので、なおさら...

これで設定は終了です。本当にクイックでした。疑ってごめんなさい。
設定が終わると、HDDのフォーマットを求められますので、許可してやってください。
110723027 110723028 110723029
フォーマットが終わるといよいよ設定編は終了です。
「NASがリーブートします。4分強あるのでまぁ一服でもしてください。」と言わんばかりに長いカウントダウンが始まります。
で、これが終わると、
110723030
スタイリッシュ!
110723031

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

どこにも需要が見当たらないけど、運用編は気が向いたらやりましょう。
じゃあの!
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
今何時??
 
プロフィール
 
最近の記事
 
月別アーカイブ
 
カテゴリー
 
ブロとも申請フォーム
 
Twitter
 
リンク
 
ブログ内検索
 
RSSフィード
Top
Copyright © MΛTT / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。