ネコブラ

 DRZ400SMとか、ベースとか、アニメーションとか、ゲームとか
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

たまにやりたくなる

たまにはちょっとバイク乗ってる人間っぽい事言っておこうと思う

我が社は「バイク通勤はOKだが、申請しても却下するから」
という不思議な宣言をしている総務がある
正確に言うと、以前はOKだったが、現在の承認者に変わってからダメになったらしい
かくいう僕も、出張に行くのに申請を出したら、あっさり却下されました

「バイクは危ないから」

と、言うのが彼の主張
あれ?この話前したような??

まぁ書き始めたからこのまま行きます

僕は意味が分からない、何故バイクだと危ないのかと訪ねましたが

彼の中では“バイク=危ない”の等式ができているので、何を言っても無駄
「バイクが危ないのは、バイクは危ないから」なんて意味不明な事を「わかるよね?」
なんて子供を諭すように言ってくる
身体がむき出しという意味ではもちろん危ないでしょう
ぶつかったら無事では済まない、何かしらの被害を被る可能性も高いでしょう
だけど、バイクだから危ないは説明の理由になってないでしょう
しかも二輪車の事故の大半は四輪車であり、
その中でも、四輪が第一当事者(過失割合が高い方、一般的に加害者)、
二輪車が第二当事者(被害者)であるケースが圧倒的に多いんです
これは警察庁とかの統計を見ると一目瞭然です
これはライダー側からしてみたら、危ないのは逆に四輪車だと言いたくなるでしょう
しかし、ここで彼が言っていた危ないの定義はそういった意味でなく、
バイク=不良=危ないの式から導き出されているんだと、僕は感じました

その時は、特に事を荒立てる必要もなかったので、ダメならダメでいいやと思って引き下がりましたが
後日、彼が我が部署までやってきて、バイクが如何に危ないかを語ってくれました
以下抜粋
バイクはタイヤが2つで安定しないから危ない
すり抜けをするから危ない
信号を守らないから危ない
速度オーバーをするから危ない
自動車から見えないから危ない
ライダーのモラルが無いから危ない
最初の所からズコーッなんですが、完全にステレオタイプで途中から面白くなってきちゃった
確かに、一部無謀なライディングをするやつや、モラルのないやついますが、
圧倒的多数はそんなこと無いと、僕は信じています
特に大自二もってる人間は、普通以上に良識的な方が多いと感じています
ココで気になるのは、上記発言は四輪に当てはまらないかと言うこと
すり抜けはできないと思うかもしれませんが、
酷いやつなんか、右折専用車線が空いてるのをいいことに、
そこから直進レーンに割り込んでくるなんてやつも見たことがあります

さてさて、二輪対四輪の事故で圧倒的に二輪の二次当事者率が高いのはどうしてでしょう?
あの統計の中には、本当は二輪の方が悪いんだけど・・・てきなモノも含まれてると思うけど
それをのぞいても差は歴然だと思います
モラルが無いのは二輪と四輪どちらでしょう?
自転車もバイクも車も電車も飛行機も、所詮道具なんだから
どれであっても使用者によっては凶器にもなり得ると僕は思うんですよ
だから、バイクは危ない、バイクだから危ないと頭ごなしに言われるのは
大嫌いなんですね

今度彼と話す機会があったら、車は何で危なくないのか聞いてみよう
バイクだから避けられたことも、車だったらどうでしょう?

バイクは危ないはもはや通用しない時代ですよ、おじいちゃん


話は変わって、久しぶりにやりたくなるシリーズでおなじみの
無双シリーズですが、MULTI RAID SpecialはオレTueeeeeeができないので、
さっさとうっぱらって、三國無双5Empiresを買いました
相変わらずの中身のなさが逆に気持ちいい
早速、孫尚香と小喬を従えて君主様プレイをしています
そんなわけで、AIKAはお休みです
あと、アサクリⅡも早いとこやりたいけれど、やるのがもったいない
っていうか、まだ買ってないけれど

あと、今期のひだまりはあんまり面白くない
ウメスが足りないからかな?
作画もちょっとしょぼいかな?
ラジオは相変わらず癒し系ポイズンで半笑いが止まらないけど
作画と言いえば、今期はデュラララ!!が一番か?オレが見ている中ではね

さ、寝る
 
 
今何時??
 
プロフィール
 
最近の記事
 
月別アーカイブ
 
カテゴリー
 
ブロとも申請フォーム
 
Twitter
 
リンク
 
ブログ内検索
 
RSSフィード
Top
Copyright © MΛTT / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。